不調の原因はソコにはありません(^_^;)

急性ひざ痛のお客様。
趣味で長年楽しんでいるバドミントンの練習中に膝が痛くなり出し、帰宅したら脚が棒状で歩くのも困難になってしまった…との事。
お話を聞くと、今までもひざ痛はたまにありだましだまし続けていた様子。

ご本人は膝周りを揉んだり湿布を貼ったけど状況は変わらず、2日後にダブルスの試合にエントリーしているので「どうにかしたい!」とのご相談でした。

体全体の色々な動きで前後左右の偏りをチェックした結果、肩の動かし方に『力み』があり、ご自身の動きで解し脱力できる状態に導いたら30分もしないうちに屈伸運動が出来るまでに回復!
1時間後には正座までしていました。

素振りも「コーチが言っている事が理解できた」とフォームの改善までヒントを得て感激して試合に望まれました。

今回、施術は一切なし。
ご本人に自分の力みを理解、意識していただき、その緊張をご自身の動きで解いて体の使い方を変えただけ。
今後の自己メンテナンスにも役立つ、と喜ばれました。

慢性の場合は少し時間がかかるかもしれませんが、ご自身の『気付き』と『意識』で体は変化します。
体って面白いですよ♪
頭部のリラックス施術と合わせるのもオススメです。

臨機応変に施術は施しますが、ご自身でメンテナンスしていきたい!というお考えの方は是非お声がけください。

前の記事

自己整体のススメ